ペルシャの(非)日常ブログ

好きなことや趣味を発信していきます!

本が読み放題! 大学生にこそ勧めたい「kindle unlimited」をやり続けてのメリットやデメリット 

こんにちは、ペルシャです。

 

私がずっと利用しているkindle unlimitedについてメリット、デメリットを書いていこうと思います。

 

目次

 

 

f:id:yuupoz:20181124221050j:plain

 

kindle unlimitedってなに

まず、kindle unlimitedが何かというとAmazonが提供している月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

アマゾンの電子書籍kindle(キンドル)」で読むことができます。

 

最初の30日は無料でお試しができるのも魅力です。

 

kindle unlimitedのメリット

種類が豊富

漫画、ビジネス書、雑誌、小説などとにかく種類が豊富です。

 

いろいろな本をよんで視野を広げたい方にはもってこいのサービスですよね。

 

専門書も多くあり、様々な知識を蓄えることができます。

 

電子書籍なので軽い

本って1冊でも結構重いですよね?

 

しかし「kindle」は電子書籍です。

しかも、スマホのアプリで読むこともできます。

 

いつもと変わらない荷物でいつでも本が読めるということなんです。

 

私もアプリを使用して読んでいます。

 

1冊以上読めばほぼもとはとれる

普通に本を買うと1冊1000円前後はしますよね。

専門書ならもっと高いです。

 

でもkindle unlimitedなら月額980円で読み放題なので月に1冊でも読んでしまえばお得になります。

 

本が好きな人にとってはかなり魅力的だと思います。

 

kindle unlimitedのデメリット

メリットをいくつか紹介しましたのでデメリットについても紹介していきます。

すべての本が読めるわけではない

kindleの一部の本のみが読み放題なんです。

ですが、最初に書いた通り10万冊以上が対象となっているので、満足できる内容であるのかなとは思います。

 

10冊までしか読めない

これは、1度にダウンロードできるのが10冊までということです。

 

1冊返却すればまた1冊ダウンロードできるようになります。

 

月に10冊の制限があるというわけではありませんので、安心してください。

 

月980円は安いか?高いか?

これは、本好きな人にとってはかなり安いと思います。

 

しかし、本をあまり読まない人にとっては高く感じるでしょう。

 

kindle unlimitedは特定の本を読みたい方向けではなく、多種多様な本を読みたい人向けのサービスであると私は感じました。

 

まとめ

いくつかのメリット、デメリットをピックアップして紹介しました。

 

私自身は使っていてとてもいいサービスだとは思いますが本に苦手意識がある人には向かないかもしれません。

 

ただ、本を読むことはとてもいいことなので読書のきっかけとして利用するのもありだと私は思います。

 

インプットできることが多いので大学生にこそおすすめしたいです!

 

 

初回30日間無料で体験できるのでまずは体験してみてから考えるのがいいでしょう。

 

登録はこちら↓

 

 

よい読書ライフを(・∀・)

それでは~~