ペルシャの(非)日常ブログ

好きなことや趣味を発信していきます!

読書をしよう! 速読のコツを教えます。

こんにちは、ペルシャです。

 

今回は速読するのに使えるちょっとしたコツを簡単にですが紹介したいと思います。

 

f:id:yuupoz:20181121223649j:plain速読に向いてる本、向いてない本

速読でも適している本とそうでない本があります。

 

それは何かというと章のまとめが書かれているかいないかです。

 

章のまとめが書いてあればそこだけを読んでしまえばいいのです。

 

例えば「心理学入門」という本があったとします。

目次に1章「ピグマリオン効果とは?」と書かれていたとしましょう。

そうすると、1章のまとめには「教師の期待によって学習者の成績が向上すること」などと書かれていると思います。

 

これで、ピグマリオン効果の意味は分かりましたよね。

 

つまり、問と答えだけを見るってことです。

 

まとめが書いてない本だとこの方法ができないので、1章丸々読まなければいけなくなります。なのでまとめが載っている本をお勧めします。

 

 

選書の仕方を書いた記事もあるのでこちらも参考程度に

persianblog.hatenablog.com

 

 

全部を読もうとしない

先ほど話した問と答えだけ見ようというのと似ているのですが、これは本のすべてを見なくてもよいということです。

 

というか全部読んでたら速読なんてできません(笑)

 

自分がその本で得たいことが載っている部分だけを読めばいいのです。

 

事前知識を入れよう

事前知識があるとないとでは読むスピードがかなり変わってきます。

 

特に同じ分野の本を何冊も読んでいる人は分かると思うのですが、知らない単語が出てきたときなどいちいち調べて意味を理解していたら速読なんてできません。

 

しかし、最初に読む本は事前知識なんてあるわけないですよね。

 

そこで方法としては本の帯や著者の経歴、目次などから事前知識を入れるということです。

 

そうすれば「この本では何を伝えたいのか」「何が得られるのか」などの方向性は分かると思います。

 

これらをもとに読み進めればいいと思います。

 

 

よく巷である、「5分で一冊読める」とかいってるのは個人的には無理ではないかと思います。よほどの天才とかならできるのかもしれませんが(笑)

 

 

速く読めるに越したことはないですが内容が理解できていなければ何の意味もないということも覚えておいてもらえればと思います。

 

 

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

それでは~~